Let’s 人体実験

Let’s 人体実験

冬眠するタイプだと思われてる…?

私は毎年、冬になると激太りする。5キロ10キロ当たり前、というような状態になるのだが、これを家族は「冬やしな。」の一言で片付ける。
私を野生の動物だと認識しているらしい。冬眠準備ちゃうぞ。

そこで手っ取り早く痩せると”世間で思われている”あまり金のかからない方法を実践してみることにした。
”みるみる脂肪が溶けるサプリ”、”履くだけでモデルのような脚に!”みたいな薬は流石に31歳なので買わない。ハゲとデブに関する商品は嘘でまみれている。

Google先生で確認したところ、「下剤」が大人気だった。しかし「下剤使っても別に痩せない」説が濃厚なようだ。
手軽に手に入るし上記のような怪しいサプリよりいくらかマシな気がしたので期待大だったのに残念だな…と思っていた。

しかし!!!

「下剤一箱丸々飲んだら流石に食べたもの全部流れると思いますよ?オススメはしないですけど。」とのコメントを見た。
どこぞの誰が書き込んだのかわからないので信憑性は磯野カツオの「宿題ならやったよ!」と同じくらいに低いが俄然ヤル気が出てきた。
人間は所詮自分の信じたいものだけを信じて生きているのだ。

人体実験開始

喜び勇んで薬局から帰ってきたが、お徳用400錠入りを購入してしまった。
そもそも奴の言っていた「一箱」とは何錠入りの箱を指していたのだろう。そこまで書け!くそ!

流石に400錠も飲んだら脱腸するかもしれないと思ったので、とりあえず何か食ったら20錠飲むという鉄の掟を自身に課すことにした。
このシステムであれば食べる=下剤20錠というペナルティが発生するので必然的に食べる量も減るだろうし、仮に何か食べても下剤を飲むので通常よりかは吸収されにくくなるのでは!?と考えた。

食欲にゃ、勝てん

鉄の掟も何のその、結局カレーやらカップ麺やらおにぎりやら食べたので、合計80錠の下剤を飲むことになった。
飲むことになった、とか言っているが誰かに強制されている訳でもなし、監視がいる訳でもなし、ただの興味本位と怠け心からの思いつきなので別に飲まなくてもよかったのだが、せっかくなので試してみた。

一生トイレで暮らすん…?

下品な話題なので詳細は省くが、マジで一生トイレで暮らすことになるかと思った。
科学の力は凄い。何がどうなって、そういう作用を起こすのか知らんが凄い。
というかこの間【ODは一番辞めとけ】と偉そうなことを書いたくせに、Twitterで「なぜ下剤のODをしようと思ったんですか?」とリプを頂き、「あ、これODやったわ」と初めて気づいた。

ちなみに絶対に真似しないで欲しいし、真似する方もいないと思うが下剤や頭痛薬でODしようと思ったら数万錠必要らしい。そんなに飲めるかばかたれ。

結果発表

気になる結果だが、別に痩せない

そもそもウチには体重計がないので詳細な検証が不可能なのだが、もちろん科学の力で無理やり体内から色々排出させてるので
一瞬「痩せた?」と錯覚するが、NO!NO!NO! You 痩せてない!
キッツキツだったズボンのウェストは相も変わらずキッツキツだ。
そこはせめて直後くらいは緩くあれよ!
さらにいうと、脱水症状を起こしたり、慣れてない人は本当に119番沙汰になるので絶対にやらないで欲しい。

関連記事:危うく事故物件

たまに思いつきでよくわからんことをして本当に辛い思いをすることがある。(過去には納豆1パックに一味1本丸々入れたらどうなるか?を1人で勝手に検証したことがある。一口食べるごとにむせて泣きながら食べた。)

混ぜるな危険!

痩せないことくらいわかっていたが、なんというか「めっちゃ暇」だったのだ。バカとハサミは使いよう という言葉があるがバカにハサミと時間を与えるとロクなことにならないのでそう言った類語も今すぐ作って欲しい。

ちなみにやらないといけないことは死ぬほどある。やらないといけないことを除いたら何もやることがなく「めっちゃ暇」なのだ。
日々、「時間だけは売るほどあるぜ」と言って回っているが、それもやらないといけないことを除けば、の話だ。 

この年末年始もTO DOリスト意外何もやることがなくて退屈なので、多分1日20時間くらいはベッドにいると思う。残りの4時間はトイレかコンビニか電気毛布の上だろう。

320錠残っている下剤はまた、思い出した頃に実験に使うかもしれない。