華々しく養命酒デビュー

華々しく養命酒デビュー

突然だが、私は普段24時間中22時間ほどは自宅にいる。残りの2時間はトイレットペーパーを買いに行ったり、ゴミを出したり、なんやかんやである。上記の2つ以外外出する理由が思い付かないのでもしかしたら、23.5時間くらいは自宅にいるのかもしれない。

おんもには危険がいっぱい

潔癖症ではないが、自宅内は割とこまめに掃除機をかけたり洗濯をしたりしている。1番長くいる場所が汚いと心がすさむ、と聞いたことがある。既に常人よりも500スサムーぐらいすさんでいるのにこれ以上進行すると心が爆心地のようになりかねない。仕方なくできる限り清潔にしているのだ。

鳩好きの方がいたら申し訳ないのだが、私は鳩がたいへん苦手だ。鳩がバサっと1回羽を広げる度に数万だか数億だかの菌がそこらへんに舞い散るという話を聞いたからだ。嘘ならば嬉しいが、本当かもしれないので鳩には近づかないようにしている。

しかし、鳩のように近づかなくてもこちらに不便がなければ良いが電車はそうはいかない。少し遠く、もしくは都会へ行くには電車が必須なのだ。

しかし電車は危険なのだ!!!

電車に乗る=腐海にマスクなしで入る

まず、当たり前だが電車には不特定多数の人物がいる。マスクを着用している人もいるが、noマスク集団は平気で大砲クラスのくしゃみや咳をする。うろ覚えだが、1くしゃみで3mほど菌が飛ぶと小学生の時習った気がする。つまり、あの狭い車内で複数の人間の菌が飛び交っているということになる。

免疫力のある人であれば、他人のくしゃみや咳の菌がインフルなどでない限りそうそう体調に影響はないのだろうが、私の免疫力は老人のソレと同レベルなので、電車に乗ると必ず風邪をひく。どこの沿線だとかそんなもんは関係ない。電車=ナウシカの腐海。マスクなしで足を踏み入れるべきではないのだ。

しかし、私はズボラなため外出時にそれはまぁすごい頻度でマスクを忘れる。「出先のコンビニで買えばいいのでは?」と思うかもしれないが、電車に乗った瞬間マスクのことしか考えられなくなるのに、降りた途端マスクについて考えていたことすらすっぽり忘れるのだ。

妹からは「普段滅菌ルームにいるのだから、外出時はマスクつけろ」と再三注意されている。

免疫力向上委員会

お断りしておくが、私は低体温であることが「かわいい」「ゆるふわ」に繋がるとは考えていない。あくまでどれほど不摂生がたたっているのかを知って欲しいのでお伝えする。平熱は35.4度だ。体温が1度上がると免疫が4倍になるらしいのでなんとか36度代に持っていきたいのだがここ10年ほどずっとこの体温である。

全ての原因は、食事・睡眠・軽い運動といった健康的な生活に欠かせない要素を何一つ満たしていない生活をしている、つまり不摂生だからだ。まず、私は大変な偏食であり、世の中の食べ物で食べられない(食べられるけど好んで食べない)物の方が多い。

睡眠に関してはかれこれ5年ほど不眠症だ。不眠症といっても全く眠れない訳ではなく、1日に3時間くらい眠れれば良い方…といった程度なので厳密には不眠症ではないのかもしれない。眠るために酒を飲みまくっていたら先日ネットの診断で「重度のアルコール依存症一歩手前です!すぐに通院を!」と診断されたが、所詮は情報が溢れるネットの戯言なので無視することにした。

運動の話はナシだ。理由は全くやっていないからだ。

酒の代わりに養命酒を飲め

知人の看護師に「酒の代わりに養命酒を飲んではどうか?」提案された。

チベスナ顔
なめてんのか

養命酒はたしかにアルコール度数が13だか14%なのでよりストロングな方のストロングゼロと同じくらいの度数があるが、1回に飲む量は20mと決まっている。しかも割と癖が強すぎる味をしている。養命酒を嗜好品である酒の代替品にするのは不可能と言えるだろう。

しかし、考えてみれば、去年の秋ごろに引いた風邪がまだ治っていない。厳密にいえば、治る前に別の風邪をもらってきているのだろう。当然、今も風邪を引いている。そろそろ風邪薬を買うのももったいないし、風邪を引いてること事態がめんどくさいので体調改善に務めることにした。

運動の話はするな、運動はナシだ。

そんな訳で養命酒を飲み始めた。昨日からなのでマジの飲み始めである。しかし既にめちゃくちゃ健康的な気分になっている。本当は1日3回飲むことが推奨されているらしいが、mottainaiババアなので寝る前に1回飲むことにする。

これで腐海(電車)に乗っても大丈夫なはずだ。電車に乗るような予定ができればの話だが。

↓一緒に免疫力を向上したい方はチェケ!!

【第2類医薬品】薬用養命酒 700mL
Amazon.co.jpによる
詳細はこちら: